HOME > リクルート > 先輩の声 > Webデザイナー/稲本

リクルート

スタッフインタビュー

制作部/制作ディレクター/Webデザイナー 稲本いずみ エンドユーザーの立場にたって、分かりやすく使いやすい構成・デザインを心がけています。

サーフボードへの入社動機や決めては何ですか

Web制作会社といえば福井ではサーフボードが一番有名であり、Webデザインの仕事をしていた私にとっては本当に憧れの会社でした。

ですので、以前勤務していた会社から契約形態の変更を打診されたときには、迷わずサーフボードへ転職希望のメールを出していました。「今がチャンス!」っていう感じでしたね(笑)
採用のご連絡をいただいたときには、飛び上がるほどうれしかったのを今でも覚えています。

仕事のやりがいを感じるときはどんなときですか
photo1

美しい、きれいな、かっこいいデザインというのは、やはりインパクトを与えるのには大事な要素だと思いますが、その前に、エンドユーザーが使いやすい、わかりやすいホームページであることが前提であると考えています。

ですのでデザイン主体で考えられるお客様には、そういったこちらの考えも説明しながらデザインや構成を考えていきます。毎回大変な作業ではありますが、やりがいを感じる部分でもあります。

そしてそれが形になり、最終的にお客様から感謝の言葉をいただいたときには、この仕事をやっていて良かったと毎回実感しますし、次へのやる気へとつながっています。

これまでの仕事で印象に残るエピソードはありますか

かなり前ですが、TOPのご提案を10回以上出しなおしたことがありました。
全体のカラーがなかなか決まらず、最後にはカラー感覚もマヒしてきてしまって・・。
最終的には、こちらが良いと思うほうをおすすめしたら、すんなり決定しました。

今後の自分自身の課題を教えてください

日々進歩していく技術についていくのは大変なことですが、自分なりに知識を増やし、技術を磨きながら自分自身も向上していけるよう頑張っていきたいと思っています。

サーフボードに入社される方へのメッセージ
photo2

スキルアップの鍵は、知識の共有と自分自身の向上心です。 サーフボードのスタッフとして、一緒に技術を磨き、得た知識を分け合って、ともにお客様に貢献していける方をお待ちしています。