HOME > リクルート > 先輩の声 > ディレクター/大久保

リクルート

スタッフインタビュー

営業ディレクター/Webコンサルタント/企画営業部長 大久保淳子 お客様の要望をカタチにする。効果が上がって、喜んで頂けた時が、最高に幸せです。

サーフボード将来のビジョンについて教えてください。

私は、お客様に喜んでいただけることがイコール私の喜びであり、会社の利益になると信じています。
具体的には、いろいろな業種の企業方から問合わせをいただき、問題やご要望などをお聞きして、それを分かりやすくデザインやコンテンツ、プログラムとしてのカタチにしていくことです。

その結果、売上げや問合わせ数のUPなどの効果が出て、喜びや幸せとなり、それが、サーフボードの利益になり、社員の幸せになることです。
簡単には「たくさんの人と出会い、楽しくイキイキと仕事ができること、常には新しいことに挑戦できる社風」がサーフボードの目指している方向だと思います。

選考にあたって、どんなことを重視するかを教えてください。

ディレクションとしての仕事をするにあたり重要なのは、まずコミュニケーション能力です。 ですからまず、

  1. 自分の意見を要領よくはっきりと分かりやすく話せることが重要です。
  2. また相手の意見を良く聞き、話の内容のポイントをきちんと押さえられることです。
  3. それから場の空気を読むことが出来なくてはいけないと思います。

それ以外には、インターネットの知識やインターネットの依存度(どんなに好きかの度合い)もお聞きしています。

採用活動でのエピソードや、印象に残ったことを教えてください。
photo1

会社説明会を開くと、たくさんの学生さんたちが並んで待ってくださるので、いつも嬉しく思ってます。

ご質問で多いのは、技術や知識のレベルを心配をされる方が多いのですが、特に資格が必要ではありません。どんなことをしてきたかを聞かせていただくだけでいいです。

それと残業についてのご質問もあるのですが、多くのシステム会社のような夜中までの残業などありません。
サーフボードでは、納期までのスケジュールのなかで個人で段取りをしていただければ、帰宅時間はお任せしています。

自己アピールについてですが、WEB制作に直接関係無くても、これまで行ってきた作品の画像や作品など複数のファイルにまとめてこられる方もいます。 また、サーフボードが好きなんです!と愛の告白をする方もいました。(笑)

面接にあたって、準備しておくこといいことなど教えて下さい

自分がこれまで一生懸命行ってきたこと、自分の強みを自己分析してはっきりわかっていることが必要です。

それからホームページの制作会社ですから、インターネットで今はまっていること、楽しんでいることをなど、2~3個のネタを蓄えておくことも必要です。

またサーフボードに入って何をしたいか、何をするかを言ってくれると嬉しいですね。

最後に学生の皆さんへのメッセージをお願いします。
photo1

サーフボードは、明るく楽しく元気のある会社だと思います。
仕事をしていていても何か気がついたことや疑問があると、その都度自分の意見をいいますので社内が話し声であふれています。 キーボードの音しかなくシーンとして仕事をしている職場ではありません、だから 活気があります。

また、女性の働く職場としても理解があり、たくさんの活躍している先輩女性がいます(主婦も何人もいますよ)ので、安心して働けると思います。

まず、自分に合っている会社かどうか一度会社訪問をしてみてください。そこから第一歩が開けると思います。待っていますよ。