大久保淳子(おおくぼじゅんこ)

取締役営業部長 /Webコンサルタント・Webディレクター

大久保淳子

入社日:1996.04.09

金融機関を退職後、1996年よりサーフボードにお手伝い(遊び)に行く。
その後営業として数々のサイトを受注する。
無茶な仕様を要求しプログラマーから恐れられている。

お問合せ・お見積り・ご相談は、0776-52-2134 大久保まで!

現在の仕事内容について教えて下さい。
仕事の内容は一般的言う企画・営業です。
サーフボードではディレクターと呼んでます。お客様の要望や思いをじっくりお聞きして、それをホームページでどう展開していくか、また戦略を立て、仕組みを作っていくかを考えて、提案書にまとめプレゼンテーションを行い、受注していく作業を行っています。
いろいろな業種や職種の企業があり、人との出会いがありますので、大変勉強になって楽しいです。
サーフボードの良いところは何ですか?
個人の考えを尊重してもらえ、特性を十分に発揮できる会社だと思います。また女性が頑張っている、元気のある会社です。
独身の女性もいますが、子育て中の女性もいます。
子育てしながら仕事ができるサーフボードは、会社やスタッフの寛容さも大きいことがありますが、自分の作業を自分でスケジュールしながら動けるスタッフが多いからで、「外資系の会社みたいだね」と言われたことがありました。
社内の様子ですが、一般的なシステム会社のように何もしゃべらず、もくもくと作業をしている静かな会社ではありません。
お客様との頻繁な電話でのやり取り、社内の作業の振り分けや確認などで頭の上を声が飛び交っています、大変活気があります。
また、直接お客さまとのやりとりをしていますので、ダイレクトに質問や喜びの声が聞くことができる会社です。
今後チャレンジしたい事は何ですか?
一番の課題と目標は、次の強力なディレクターを育てていくことです。
そしてそのディレクターが、また下のディレクターを育てる仕組みを考えていきたいです。その為には、自分は何をしなくてはいけないかを考え、毎日を振り返りながら、また、いろいろ意見を聞きながら行動していきたいと思っています。