HOME > システム開発 > 位置情報取得Webサービスの開発

位置情報取得Webサービスの開発

携帯端末とPCを組み合わせたWebサービス

近年、「位置情報サービス」が現実社会とネットをつなぐソリューションとして注目を集めており、サーフボードでも携帯電話やモバイルPC等の携帯端末からGPS機能等を利用して、送信された位置情報を取得するシステムの開発を行っています。

位置情報を送れば地図上にマッピングできます

様々なWeb APIと連携させることが可能で、位置情報と画像を送信して、Googleマップ上にオリジナルのマーカーや画像をマッピングさせたり、twitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と連動させて、イベントのプロモーション活動のひとつに利用したりと、いろいろな活用方法があります。

携帯端末での位置情報の送信・取得だけでなく、PCと連動させた効果的なサービスをご提案します。

たとえばこんな使い方

  • スキーや釣り等のレジャー及びレジャー施設での位置情報確認
  • 災害時における様々な情報確認
    • ・市町村の災害対策課の被害地の情報収集
    • ・家族や身内の安否確認(災害発生時に位置情報のための送信指示メールを送る)
  • 運送業者同士の遅延・渋滞情報の共有、位置情報確認
  • タクシー・代行運転サービス業者・メール便バイク等の車両位置情報確認
  • 降雪時の除雪車運行情報
  • ビジネスマンの出張ルート報告と交通費精算
  • ルートセールスにおける営業報告
    • ・OA機器・機械メンテナンス等の保守メンテナンス業者
    • ・銀行・証券会社等の法人営業、保険外交員の個別訪問
    • ・鉄道会社の保守業者
    • ・タウン雑誌・フリーペーパーの広告営業
  • JAFや自動車損害保険会社向け交通事故時の故障個所画像送付と位置情報の報告
  • パソコンを持たないスタッフの作業日報の作成
  • 漁業組合、森林組合などの組合員の位置確認
  • 警備会社の巡回場所の記録
  • マスコミ関係者の取材先場所記録
  • 修学旅行・遠足・サイクリング・ハイキング等のレクレーション時の位置情報確認
  • 登下校道路の安全確認
  • デイサービス等高齢者宅訪問時の安否確認
  • スクールバス等の送迎バス位置情報確認
  • 消防署職員・警察機動隊の非常勤時の位置確認
  • 消火栓や防災設備のマップ作成と保守点検
  • 警察官、消防職員の事件現場の捜索活動
  • 交通量調査の人員配置