HOME > 選ばれる理由 > サーフボードが選ばれる12の理由

サーフボードが選ばれる12の理由

01:第1に考えるのはユーザー動線。使いやすいサイト構成を考え抜きます。

どんな商品、サービスでも理解してもらうのはユーザーです。ユーザーがどのような動線でサイト内を移動するか、十分に話し合います。また、基本的にお客様からいただいたテキストの校正はしていませんが、その業界の専門用語やWeb管理者様が当たり前と思っていることでも、エンドユーザーにはわかりにくいと判断した場合は、よりわかりやすい内容にするために文章を変えたり、追加したりすることもあります。
時にはもっと理解してもらうために、「こんな新しい内容を作って掲載しましょう!」と提案したり、「商品は写真が大事です。写真の撮り方を勉強しましょう」とWeb管理者様に商品写真撮影テクニックをアドバイスしたりすることもあります。
ディレクター、デザイナー、プログラマーの担当チームスタッフはみんな熱い思いでサイト作りに携わっています。

02:更新のしやすさは成功への近道。メンテナンス画面にも手を抜きません。

管理画面
ユーザーが迷わないで使いやすいサイトが理想の形です。しかし、実は管理者の更新のしやすさもサイト成功の非常に重要なポイントです。どんなに素晴らしいデザインのサイトでも、更新が難しいとページは生きてきません。
当社は更新や受注処理の管理画面に対しても、ディレクター、デザイナーが参加します。担当者のスキルに合わせたファイル構成や更新方法を考え、それを管理画面に反映していきます。おかげ様でお客様からの使いやすいと好評を得ています。更新に苦痛を感じないホームページ作りはサイト成功への第一歩です。

03:お客様の条件に合ったカート、サービス、サーバーを探します。

サイトを含めたWeb関連の内容を当社に管理してほしい、他社で管理していたサイトを移行したいというお話しがよくあります。また、新規で立ち上げたいけれど、どこを選べばよいのか見当がつかないというご相談も多くいただきます。
当社はお客様がどういった条件やご予算でWebサービスを展開されるかによって、ショッピングカートやサーバーの選択をいたします。商品単価、月の売上目標などもその条件の一つです。当社サーバーでオリジナルショッピングカートの作成もいたしますが、適切でない場合は他社ショッピングモールでの展開をお勧めする場合があります。
お客様が無理をしないよう、正直にアドバイスするのが私たちの信条です。

04:サイト管理は地道な作業。それでも手を抜きません。

万一、ホームページが何らかの原因で見えなくなったり、ページがなくなってしまった時でも、当社が管理しているサイトコンテンツは毎日定期的にバックアップしておりますので、即日対応することが可能です。ネットショップにとって注文データや顧客データは一番大切なもの。スムーズにショップが運用できるようなネットワークの体制作りをしています。また、セキュリティ対策、ウィルスに対する対処法などもすぐにお客様にフォローできるよう努力しています。
大切なことは耳の痛いことでも正直に助言させていただくのがサーフボードの信条です。

05:サイト制作前に、お客さまと共に十分時間をかけて話し合います。

制作会社の多くは、お客様の要望通りのサイトを作ります。私たちはそうではありません。
その要望がユーザーにとって有効なのか、ストレスがないか、もっとよい展開があるのではないか・・・と様々なケースを考えぬきます。システム構築の場合も、あらゆる条件をシミュレーションしていきます。
このサイトを作る前の全体像を決める部分に、非常に時間をかけて話し合います。

それでも制作途中で、「もっとこうした方がより快適になる」と思った時は、お客様に意見をぶつけ軌道修正をすることもいといません。そういったこと一つ一つの気配りがページの中に力強さをもたらします。「作る前に内容を十分に練る」どれも同じようなサイトデザインにならないのは、そういう理由があります。

06:一人一人のスキルが高い集団です。

お客様に納品する前の社内テストは非常に厳しい基準を設けています。
プログラムの部分は担当外のスタッフがチェックを行い、全体テストは制作チームに関わっていないスタッフがファーストインプレッションでサイト内を巡回していきます。
システムチェック、文言チェックやソースチェックだけでなく、「この文章ではわからないので、もっとキャプチャーを使って説明を入れてほしい」とか、「こんなユーザーは次にこのページを見たいだろうから、そこに誘導するボタンがほしい」などといった提案意見もどんどん出ます。
そして、それが社内メールで報告されます。そういった繰り返しが、社内スタッフ一人一人のスキルを上げ、ユーザービリティに配慮する眼を養っているのです。
デザインだけでなく、システムだけでなく、そんな心配りもスキルとして持っている集団なのです。

07:クオリティ(品質)の高いコンテンツを作ります。

どんなによいアイディアでも、品質が悪ければサービスを潤沢に提供することができません。運用を開始した後で、プログラムの不具合や欠陥が見つかるようでは、ユーザーにもお客様にも迷惑がかかります。サイト作成後、社内で十分な品質チェックを行い、スムーズにオープン日を迎えられるよう準備を周到に行います。
当社のクレドの一つである「プロとして完璧を目指す」は、全スタッフに息づく精神です。

08:サイト制作スケジュールに基づき制作行程を見える化。

サイトオープン時期は、イベントや企業戦略にとって、非常に重要な位置づけです。仕掛ける時期を逃しては、よいスタートは切れません。
オープン目標に向かって、現状はどこまで進んでいるか、どんなデザインでページ作成が進行しているかなど、サイトの作成行程がお客様に見えるように心がけています。
出来上がるまで見ることができないプロジェクトはお客様に不安を与えるだけです。
進行が見える、スケジュールが把握できる、カタチあるものではありませんが、これがきちんとできる制作会社はそれほど多くありません。

09:WEBコンサルティングには自信があります。成功事例数多数。

当社が制作したネットショップ、製造業サイトには成功事例が数多くあります。
先細りだった事業をWEBに転換することによって今では売上の柱となっているという事例をいくつも持っています。成功事例の数の多さは他の制作会社に負けません。
WEBを事業の柱にしたい方、事業継承者(二代目)が業務拡張するための戦略を考えたい方は、ぜひコンサルティングをお受け下さい。
現状の課題やご要望のヒアリングから、業界・市場の動向調査、ターゲット選定、SEO対策キーワードの選定、コンテンツの企画、システムの提案まで、きめ細かくアドバイスいたします。
机上論や違う業界の成功事例を聞いても、すぐに役に立つアドバイスではありません。お客様の業界でしかできないこと、企業の強みをじっくり考えたコンサルティングをいたします。

10:サイトオープン後のアフターフォローをしっかり行います。

サイトをオープンすることがゴールではありません。むしろそこからがスタートです。
オープン後の1~3週間はページやシステム内の細かい微調整が必要ですが、当社はアフターフォローとして作業をさせていただきます。
また、せっかく作ったサービスをユーザーに利用してもらうために、アクセス解析、SEO対策、キャンペーン、コンテンツ追加・更新など、運用を踏まえたサポートを考えていきます。 私たちは継続してサイトをチューニングしていくことが成功のカギと考えています。

11:定期的なセミナー開催でWEB管理者の質問に答えます。

当社代表田嶋節和は、講師として数多くのセミナーや講演を行っています。
当社をご利用いただいたお客様を対象に、田嶋をはじめ、当社WEBディレクター達が定期的にセミナーを開催し、アクセス解析入門やネットショップ成功のためのノウハウを伝授しています。
また、WEB管理者からの質問や悩みに対しても誠実にお答えしています。当セミナーは複数のお客様が参加されて、管理者同士の交流の場にもなっています。

12:お客様のパートナーとして長くお付合いが続きます。

当社をWEBサイト管理のパートナーとしておつきあいいただいているお客様とは、非常に長いおつきあいが続いています。顧客満足度の高い制作会社であると自信を持っています。
新しい技術やサービスを現サイトにどのように取り入れたらよいかを一緒に考えることもあります。サービスがターゲットに対して好ましくないと判断した時は、お客様といえども率直に意見を申し上げることもあります。一番身近な助言者としてサイト運営を見守り、ベストパートナーとして長年おつきあいをいただいている企業様も数多くいます。